11
Aug

銀行の不動産担保と意味

不動産担保融資になると、どうしても思いつくのは、銀行の融資ですよね。

では不動産担保と普通のカードローンの無担保とどこが違うのかというと、無担保というのは何か物品を担保にする必要はなく、あくまでその人の信用度によって借入額が変わったり、します。

対して不動産担保というのは、土地や建物などの動産を担保・・・抵当などをつけて、その人の信用プラスその不動産担保の価値もプラスして、融資してもらえる不動産担保融資ローンのことを指しています。

ただ不動産担保にすれば、なんでもかんでも銀行が融資してくれるかといえば、それはそうとはいえません。

ではどうやって不動産担保が決まるかというと、それは不動産の価値によって融資額や、融資の可否が変わってくるのです。

さらに動産の価値によって融資額もかわってくるだけじゃなく、あらかじめから動産の担保の%も決まっているのです。

26
Jul

みずほのローンと意外と知らない金利

みずほ銀行というと、第一勧業銀行からより進化した銀行へと生まれ変わった銀行ですが、みずほ銀行にはみずほ銀行なりのいろいろなカードローンや一般ローン商品というのがあります。

そしてそのみずほ銀行のローンには当然ながら、いろいろな金利がありますが、どの商品にもいえるのは、やはり商品の特徴もさることながら、みずほ銀行ならではの金利の低さに定評があります。

さらにローンはローンでも目的自由なローンの限度額は、驚きの1千万まで限度額があるものもあります。

また審査に関しても保証会社に、大手他社クレジット会社を利用しているところから、審査に関してもわりと柔軟だと定評があります。

でもどう考えても多くの人は1千万まで利用額があったとしても、そこまで必要になることは少ないでしょう。

となると他社と比べて低い金利で、まとまった利用ができるのはやはり魅力ですね。

19
Jul

カードローンの不動産担保

カードローンを利用する時に、銀行系・民間系問わずによく不動産担保というのを見かけることはありませんか?

あのカードローンの不動産担保にはどのような意味があるのでしょうか?

通常私たちがローンを組むときには、金額がさほどでない場合には、不動産担保に限らず担保は求められません。

でもやはり金額が大きくなってくると、やはりそこは銀行・民間系金融機関問わずに、不動産担保を求められることもあるようです。

でも不動産担保に入れたからといって、明日から家がなくなるとか、住めなくなるいうことはもちろんありません。

ただもちろん担保ということは、支払いが不能になったときは、当然不動産はカードローンの借り入れ業者に渡さなくてはならないというリスクはあります。

逆にリスクはありますが、その分先ほど記載したようにある程度まとまった金額は借り入れできますし、金利に関しても不動産担保があるという分だけ低めになります。