19
Sep

英語で表す不動産担保

最近不動産を購入しようとした人であれば、よくわかるかもしれませんが、モーゲージバンクという聞きなれない英語を耳にしたことはないでしょうか?

このモーゲージという英語は、日本語で表すと主に住宅ローンを組むときなどの、不動産担保のローンの際に、担保の裏づけとして発行証券のことを指しており、高金利なことや高い信頼が人気の投資の一つとして挙げられています。

またモーゲージの場合には、不動産担保として証券が発行される場合には、複雑な仕組みを経て債権や証券へと発行されますが、以前アメリカでもサブプライムローンとして、その名前が世界中を駆け回ったように、リスクがないわけではありません。

逆に言うと最初に記載したように高利回りや信頼というのは、やはりそれなりにリスクがあるからといったような意味で、金利が高く高リターンが期待できるようになっているのです。

12
Sep

累積と不動産担保

不動産担保にする場合には、素人ではわかりにくい言葉というのが、いろいろと出てきます。

素人ではわからない部分は、もちろん専門家に任せておけばいいのではないかと思うかもしれませんが、すべてを丸投げして任せておいて、後でわからなかったといって、納得できないといってもそれはすでにどうしようもありません。

そこでわかりにくい不動産担保の中でも、よく出てくるけどわかりにくい言葉を取り上げてみます。

例えばわかりにくい言葉として、不動産担保でよく累積という言葉があります。

使い方としては累積式とか、共同式という使い方をします。

この共同というのは共同根抵当ですが、共同根抵当を選択するか累積根抵当かどちらかを選ぶ必要があります。

多くの場合では共同式根抵当を選ぶようですが、選択を避けていると累積に自動でなってしますようです。

それだけ多くは共同を選択しているのですね。