銀行の不動産担保と意味

不動産担保融資になると、どうしても思いつくのは、銀行の融資ですよね。

では不動産担保と普通のカードローンの無担保とどこが違うのかというと、無担保というのは何か物品を担保にする必要はなく、あくまでその人の信用度によって借入額が変わったり、します。

対して不動産担保というのは、土地や建物などの動産を担保・・・抵当などをつけて、その人の信用プラスその不動産担保の価値もプラスして、融資してもらえる不動産担保融資ローンのことを指しています。

ただ不動産担保にすれば、なんでもかんでも銀行が融資してくれるかといえば、それはそうとはいえません。

ではどうやって不動産担保が決まるかというと、それは不動産の価値によって融資額や、融資の可否が変わってくるのです。

さらに動産の価値によって融資額もかわってくるだけじゃなく、あらかじめから動産の担保の%も決まっているのです。